*--日記--*

日記



思わずポチっと…笑  2020/05/28(木)
緊急事態宣言解除?  2020/05/25(月)
またまた、料理ネタ…  2020/05/24(日)
ある夫婦の物語−2  2020/05/23(土)




思わずポチっと…笑


ネットで知り合った友達のままさきさんのブログに「昭和のポップス」と言う記事が載っていて、そこに書き込んで盛り上がっていたら、彼女からこのアルバムの名前が出ました。
「Reflections」と言う寺尾聡さんのアルバムです。
多分、これを持っている人って多いのでは?
あの「ルビーの指輪」が入っていて、当時160万枚を超えたそうです。
私も持っていて、何度も聴きました。
でも…レコードなんだよね…プレーヤーが無いんだよね…
って事で、何十年も聴いていなかったのですが、あまりに懐かしくて、思わずAmazonで「ポチ」…笑
届いたので早速聴いてみたら…昔とは違って、今の方がより心に沁みます。
本もそうですが、若い頃にはただ単に筋を追っての面白さだったものが、年を経て読んでみると、筋書きの間のト書きの良さがわかるようになります。
何度か書いたような気がしますが、自己肯定感が非常に高い私は、20歳の頃よりも、40歳の頃よりも、昨日よりも今の自分が好きです。
なので、昔に戻りたいとは思いません。
ある意味、とても割安でお得な性格なのでしょうか…笑

Date: 2020/05/28(木) No.2811


緊急事態宣言解除?

数日前から、今日の夜?明日の午前0時?から、首都圏の緊急事態宣言解除の話が出回っています。
ここ1週間の感染者数が減った事と病床不足等が収まってきたらしい事から、経済の復旧に舵を切ったと言う事だと思います。
って…誰もがもうすでに知ってるか…笑
それもあって、昨日は海や公園、デパートなどの人出が多かったようです。
まだ解除にはなっていないけど、でも…もう大丈夫じゃない?
多分、私の中にもそんな気持ちが無いとは言えません。
対外的には「まだ油断は出来ないよね〜」とか言っていますが、内心では「とりあえず、この春の第一次感染は収束に向かってるのでは…」と思っています。
何となく…ですが…
ほとんどの人が、この「何となくだけど、そろそろ大丈夫なのでは?」と言う気分だと思うのです。
それは危険と言えば危険です…が、ワクチンや特効薬が出来るまで、怯えながら毎日を過ごすのも危険と言えなくも無い?
先日も、スーパーのレジで、些細な事で怒鳴っている人を見掛けました。
経済的に困窮している人はもちろんですが、精神的に追い込まれている人も多いでしょう。
どこかでけりを付けると言うか、気を付ける事と踏み出す事のバランスを自分なりに考える必要があろうかと…
その結果の責任は自分で取らなくてはいけませんが…

写真は昨日の「プロジェクトS」に出てきた「見る影も無くなった妻を持った夫」が、妻の為に麺棒を作っている写真〜笑
正確には「配管を半分に切る為に計測している写真」です。
ずぼらな妻は「目見当で切ってくれて構わないんだけど…」と思うのですが、几帳面な夫はきちんと計測して、正確に二等分していました。
二人とも、血液型はA型ですが…笑

今夜は三カ月振りに実家に行く予定です。
6月4日が父の命日と言う事もあり、実家の義妹が「久し振りにうちで一緒にご飯を食べよう♪」と誘ってくれたのです。
マスク持参で二人して行ってきます!
Date: 2020/05/25(月) No.2810


またまた、料理ネタ…


たいしたニュースが無いので、仕方なく先日作った「インスタント焼きそばの麺を使ったあんかけ焼きそば」と言う、簡単なのか凝っているのかわからないメニューのご紹介です。
上の海鮮あんかけはいつもと同じなのですが、下の麺が違っています。
話せば長くなりますが、元々は数か月前に買った「インスタント焼きそば」から始まります。
一緒に買い物に行ったらこのインスタント焼きそばを見掛けた夫が欲しいと言い、更にしばらくして又買い物に行った時に欲しいと言ったので買ってしまった妻…ようするに残っているのをわかっていなかっただけですが…笑
一応言っておきますが、普通の食材は全て私が管理していますが、夫が飲んだ後の夜食に食べるカップラーメンとかは夫が管理しています。
あと、サキイカとかお煎餅とかの乾き物も、夫が「おつまみ引き出し」に入れて大切に保管しています。
たまにそれをちょっと頂く黒い頭のネズミがいるらしいですが…笑
そう言う事で、うっかり二つもインスタント焼きそばを買ってしまい、しかも夜食にはちょっと重いのであまり食べず…
かと言って、お昼ご飯にはちょっと…
それで思い付いたのが「麺だけ使って、あんかけ焼きそばにしたら良いのでは?」
作ってみたら、これが想定外の美味しさでした♪
一度茹でるので柔らかいのですが、茹でてから胡麻油でちょっと炒めて、そこにあんを掛けると実に美味です。
わたし的には、ちゃんとした焼きそば麺よりも好きかも?
瓢箪から駒ですが、あくまで余り物利用なので、使い切った今は食べる事が出来ません。
助かったのですが、ちょっと残念な気がしないでも…笑
Date: 2020/05/24(日) No.2809


ある夫婦の物語−2


「地上にある星を誰も覚えていない、人は空ばかり見てる〜」
ヒロシは思った。
「思ったようなうどんが出来ないせいで、妻はこんなに皺が増えてしまった…あんなに若くて可愛かったのに、今は見る影もない…」
しかし、何もできないヒロシは苦悩した…
その時、ちょっとスカスカ気味のヒロシの脳裏に浮かんだ物があったのだ。
それはたまたま通り掛かった工事現場で捨てられていた配管だった。
「そうだ、この配管を使えば、もっと薄く、もっと大きく伸ばせるかもしれない!」
その夜、ヒロシは工事現場に忍び込み…は、せずにホームセンターに行った。
そこで見つけたのは1mの配管だった。
喜び勇んで持ち帰ったヒロシだったが、思い掛けない言葉が待っていたのだ。
「こんな長い棒でうどんを打つ場所が無いわ!!」
ユミコが持っているパン生地を伸ばすシートは50冂度の大きさだったのだ。
頭をかきむしるヒロシだったが、ヒロシには電動カッターと言う武器があった。
その結果、見事に立派な配管…違った、麺棒が出来上がったのである。
あとは、実際に使ってみるしかない。
ヒロシは実験台になる覚悟は出来ていた。
しかし、どんな物体を食べさせられるかわからない…
不安でたまらないヒロシは藁人形に…いや、GIジョーに…いや亡き母に自分の健康を祈るのみだった…
そして、いよいよその時は訪れた。
「燕よ、高い空から伝えてよ、地上の星を〜」

って事で、無事に美味しいうどんが出来上がり、「お亀製麺」も軌道に乗りそうです♪

注 この物語には多少のフィクションが含まれています。
ご覧の際にはその点を考慮してお読みくださるようにお願い致します〜笑
Date: 2020/05/23(土) No.2808



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND

[TOP] [HOME]
shiromuku(r3)DIARY version 2.10
CGIレンタル無料日記 Net4u