*--ほっと一息--*




”発達障害について”  2017/09/29(金)
お勧め文庫  2017/09/17(日)
自然の摂理  2017/09/13(水)
嫌な自分と出会った時  2017/09/12(火)




”発達障害について”
録画していた、"発達障害"についての番組を見ました。

お互い、なかなか理解出来ていない世界を、発達障害の方がどう見えて、どう理解しているのかの視点で解説してあり、なるほどなーと納得出来る内容でした。

障害は生まれつきの物なので、治すではなく、個性として理解し、多数派の健常者と言われている人たちが合わせてあげるのが、共存しやすいのですが、すでにあるアメリカや日本の一部の企業では、発達障害の方の個性を、例えば、細かい所まで気付く・こだわる所を生かして、経理やコンピュータのチェックをする仕事に配属すると、健常者より優れた発見があり、戦力になっているとやっていました。

自分が発達障害と気付かないまま、普通を求められてるけど、どうすれば良いかわからず、出来ない自分に疲れ、うつ病になる方も多いようです。

昔、テレビで、2万人の夫婦のとあるDNAの染色体を調べたら、全く同じ夫婦はいなかったとやっていました。
これは、新種の子供を作り、新しい病原菌にも打ち勝ち人類を残す為であろうと思われます。
その中で、障害を持って生まれて来た人は、人類の可能性を秘めた人たちなのではないかと、この番組を観て思いました。

まず出来る事として、同じ人間として、発達障害について知っていく事からかなーと思いました。
それは、発達障害に限らず、共存するという視点では、個人個人の事も同じなのかも知れないですね。
Date: 2017/09/29(金)


お勧め文庫
《おすすめ文庫》
『カウンセリング熊』

先日おすすめ文庫でご案内した『レミング物語』の続編です。

レミング(ネズミ科の動物)の習性、集団自殺から逃れたレミングは、行き場を失います。

そこで、白熊によって、
天敵であるクーガに、習性から外れてしまった動物が集まっている広場に連れて来られます。

白熊の口の中では鳥が休み、
足元にはネズミが休むという、不思議な安心感のある白熊に、
レミングは"自分は何か"と言う問いを考えさせられます。

白熊は、自分たちの中にライオンがいる事に気付かせてくれます。
ライオンは、芯の自分の象徴ですが、
スピリチャル(精神世界)な内容も含まれているので、
難しい所もありますが、
私たちは1つである事(ライオンである)を、
レミングは臨死体験を通して知る事になります。

廃盤になり、
なかなか手に入らない本です。

これも、アイくぅーかんの待合に置いておきますので、
来られた方は読んでみてくださいね。

⁂表紙の熊の向かって右肩にいるのが、レミングです。
Date: 2017/09/17(日)


自然の摂理
自然の摂理を紹介します。

生姜には、40あまりある優れた効能があります。
そして、良く知られているのが、
体を温めるという事。

しかし、実は、体を冷やす効果もあるのです。
熱冷ましに良いのは、その効果を利用したものです。

薬草も同じと聞きますが、
両極端な効果を持っていて、
人間の体がどっちを必要としているかを判断する場合もあるのですが、
生姜など、利用方法を知って使う事も大事です。

人間も、自然の一部。動物の一部。
自然の中で生きていますね。

生姜の活用方法については、こちらも参考になりますので、
興味ある方は、ご覧下さいね。
http://ponta2.com/archives/1070.html
Date: 2017/09/13(水)


嫌な自分と出会った時
嫌な自分と出会う。

過去は変えられないけど、
過去を踏み台にして、
未来を変える事は出来る。
そのための今を大事にしよう。
Date: 2017/09/12(火)



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND

[TOP]
shiromuku(r3)DIARY version 2.10
CGIレンタル無料日記 Net4u