*--DIARY--*

私の日記



パーマカルチャーの定義  2018/12/17(月)
トランジション・タウン  2018/12/07(金)
日本におけるパーマカルチャー  2018/11/29(木)
パーマカルチャーの原理  2018/11/22(木)




パーマカルチャーの定義
パーマカルチャー(Permaculture)という言葉は1970年代にオーストラリア南部のタスマニア島で暮らしていたデビッド・ホルムグレン[1]とビル・モリソンが作った造語である。ふたりによれば最初その言葉はパーマネント(permanent)とアグリカルチャー(agriculture)を組み合わせ「永続する農業」という意味が込められていた。パーマカルチャーを初めて世に問うふたりの唯一の共著『パーマカルチャー・ワン』(1978年)によれば、「動物や多年生の植物、および自家更新する植物を人間が利用する目的で組みあわせたシステムであり、それは常に進化する」と定義されていた。


ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ

Date: 2018/12/17(月) No.6


トランジション・タウン
トランジション・タウンは、トランジション・ネットワークの価値によって支えられた地域グループを作ることで、石油ピークや気候変動、経済的不安定からの回復をめざす、草の根のコミュニティ活動である。

2006年、イギリスデボン州のトットネス(英語版)という街で、パーマカルチャーや自然建築の教師をしていたロブ・ホプキンス(英語版)によって始められた。



ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ

Date: 2018/12/07(金) No.5


日本におけるパーマカルチャー
日本におけるパーマカルチャー運動の歴史は、1990年にモリソンが日本人を対象に行ったパーマカルチャー・デザイン・コースに遡る。1993年には日本で初めてのパーマカルチャー・ワークショップが開催された。同じ年に農文協からモリソンの『パーマカルチャー』が翻訳出版された。1996年にパーマカルチャー・センタ−・ジャパンが設立され、2001年にはパーマカルチャーネットワーク九州が設立された。2003年に初めての全国大会が開かれ、各地からパーマカルチャー活動家が安曇野にあるシャロムヒュッテに集結した。2004年、パーマカルチャー・センタ−・ジャパンのNPO法人化を記念し、ホルムグレンを招いた講演ツアーが実施された。2009年にパーマカルチャー関西が、2011年にはパーマカルチャー中部ができ、2012年にはホルムグレンの『パーマカルチャー』が邦訳出版された。 ホルムグレンの日本滞在記『日本におけるパーマカルチャー』




ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ

Date: 2018/11/29(木) No.4


パーマカルチャーの原理
パーマカルチャーの原理はシステム思考やデザイン思考と呼ばれる世界観から生まれており、自然と産業化以前の持続可能な社会を観察することで普遍な原理が抽出できるという考えに基づいている。パーマカルチャーのデザイン原理は生態学、特にハワード・オーダムなどのシステム生態学に基づくとされ、環境地理学や民族生物学などにも影響を受けた。

これらの原理は、これからの脱産業化社会において土地や資源を持続可能に利用する際、世界のどこにでも適用できると考えられている。パーマカルチャーの原理は簡潔な文章やスローガンで表される。これらの原理は、さまざまなな選択肢を検討する時にチェックリストとして利用される。原理は万国共通に当てはまるが、その具体的な適用はそれぞれの場所や状況により、大きく異なる。ホルムグレンは「パーマカルチャーの花」で個人、経済、社会、政治の再編成にもこれらの原理が有効であるとしている。




ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ

Date: 2018/11/22(木) No.3



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
スペース区切りで複数指定可能 OR  AND

[TOP]
shiromuku(r3)DIARY version 2.10
CGIレンタル無料日記 Net4u